茨城県農業参入等支援センター

イラスト

茨城の農業

いばらきの強み

東京の中心から北東に40km〜160kmに位置しており、耕地面積は約17万haで全国第3位。農地は利根川、那珂川、霞ヶ浦流域の水田地帯と、那珂、行方、稲敷、石岡といった台地の畑作地帯、さらに県北の中山間地帯と、多様な環境に恵まれています。年平均気温は13℃〜14.5℃の範囲で温暖であり、様々な動植物の南限北限の境となっています。このような気象条件等を生かし、数多くの農産物が生産されています。

 

 

 

 

いばらきの特色

平成28年の農業産出額は北海道に次いで全国第2位。首都圏への重要な食糧供給基地となっています。また、東京都中央卸売市場における本県産青果物の取り扱い金額シェアは、14年連続で日本一となっています。

※1 平成29年耕地及び作付面積統計
※2 2015年世界農林業センサス(農業就業人口:15歳以上の者で、農業のみに従事したものと、農業とその他の仕事の両方に従事した者のうち、農業が主である者)
※3 2015年世界農林業センサス(販売農家:経営耕地面積30a以上または農産物販売金額50万円以上の農家)
※4 平成27年生産農業所得統計
※5 農林水産統計年報(かんしょ、レンコン、ピーマン、メロン、ほしいも、みず菜、チンゲンサイ、切り枝、芝、クリ、セリ)